野村不動産グループNREG東芝不動産ファシリティーズ株式会社

メイン写真

建物に関わるすべてを一貫して行うNREG東芝不動産ファシリティーズ株式会社。
今回は、専門の知識でビルを守る設備管理業務、建物の計画から施工までを担う工事業務に
携わるそれぞれ2名の方にお話を伺いました。
現場のプロの視点や、日々の業務内容についてご紹介させて頂きます.

  • 管理設備 芝浦営業所

    管理設備 芝浦営業所
  • 工事技術部
  • photo

    24時間体制で、ビルの日常に安全と快適を

    24時間体制で、ビルの日常に安全と快適を

    photo

    お2人が在籍されている営業部 芝浦営業所で担う「設備管理」とは、どのような業務を行う部署なのでしょうか。

    Tさん 一言で言えば、ビルの運営管理ですね。ビル1棟を丸々管理するということで、設備の点検や改修などの保守管理、それからテナント様のご要望や相談等への対応をさせて頂いています。一括りに「設備」としていますが、電気、空調給排水、衛生、建築設備、防災設備など、ビルの日常に必要なインフラをすべて一括管理していると思ってください。どれも電気事業法や消防法などの専門知識が必要で、停電や火災発生時はなどの緊急対応はもちろんですが、まずはトラブルが発生しないよう日々の点検や監視を行っているのです。

    しっかり管理することでトラブルを未然に防いでいるんですね。でも、ビル丸ごととなると点検・監視の範囲もかなり広そうですが。

    Nさん 設備については計画的に保守点検を組んでいます。 “当たり前”の状態を守るためには、やはり建物にも予防が大切ですから。それから夜間のトラブルにも対応できるよう宿直業務を組んでいるので、基本的には専門スタッフが24時間体制で常駐しています。

    なるほど。では、テナント様からのご要望にはどんなものがありますか。

    Nさん ご要望で多いのは、空調の暑い寒いの調整ですとか、電気や消防に関することでしょうか。配管の詰まりや漏水、機械の不具合だったり…それからお部屋のレイアウト変更のご相談なんかの時にも防災の知識が求められるので、工事技術部と連携しながら快適な空間作りをお手伝いしています。

    Tさん そうですね。建物内のことで何かあれば、まずはサービスセンターにご連絡を頂きまして、そこで社内の必要部署へ手配しています。私たち設備管理であったり、大掛かりな施工が必要ならば工事技術部であったり。清掃や警備もそうですね。依頼内容によって、ワンストップで即対応できるのが「NREG東芝不動産ファシリティーズ株式会社」の強みだと思います。テナント様がスムーズに問題解決でき、安心で快適な環境で過ごして頂けるよう努めています。

    中長期的な計画で、一緒に心地よい環境を造る

    中長期的な計画で、一緒に心地よい環境を造る

    photo

    先程お部屋のレイアウト変更という話がありましたが、まさに専門知識や豊富なスキルがあるからこそできるご提案ですね。

    Tさん 法令やコンプライアンスに基づいたご提案もそうですが、建物自体の効率化や環境改善というのも、私たちが得意とするご提案です。設備の管理運営を担うという業務柄、ビル全体のことを一番わかっている部署なので、ビルの延命対策や計画的な修繕・更新といったこともオーナーの方と相談して進めていますね。コストに考慮しながら、中長期修繕計画を一緒に考えたりもしています。たとえばこの浜松町ビルディングなら、毎年2回、計画を見直しつつ予算を立てているんです。

    Nさん 環境改善に含まれるか分かりませんが、東京都で定められている「地球温暖化対策報告書」作成を、オーナー様と一緒に取り組んでいます。皆様の快適な環境の維持とともに、社会的な取り組みとしてエコの部分も常に意識して管理運営していると感じますね。

    様々な取り組みのなかで、特別意識していることやこだわりはどんなところにありますか。

    Tさん 私たちには、大規模な商業施設や高度なシステムを導入したビルなど、あらゆる建物の管理運営を任される機会があります。形態は異なりますが、任されたどの建物も自分たちが守っているという誇りと言いますか。専門的なノウハウと経験を生かしながら、そこで過ごすお客様に心地良いと思ってもらえる管理ができれば、という気持ちで業務についています。

    Nさん そうですね。あとはやっぱり月並ですけど、テナント様の設備トラブルやお悩みを解決できた後、「ありがとう」って言って頂けたときは本当に嬉しいです。この仕事のやりがいだなと思いますね。

    ビルのことを一番知っている信頼性

    ビルのことを一番知っている信頼性

    photo

    あらためて、「NREG東芝不動産ファシリティーズ株式会社」の特徴を教えてください。

    Nさん さっき出ていたワンストップは強みだし、やはり特徴的だと思います。これは私のいる芝浦営業所の特徴であるかもしれないんですが、工事技術部との連携が取れやすいというのは、お客様にとってメリットになりますよね。設備のことだと思って相談しても、大掛かりな施工が必要となる時はありますし。そういうとき複数の業者に連絡を取り直す必要がなく、すべて即対応できるというのが魅力だと思います。実際に現場で対応する設備管理担当と、計画と施工を実施する工事技術部と、そしてテナント様への対応を行っているサービスセンター。それぞれが連携しながら迅速に対応できるので。

    Tさん はい、そこは強みですね。高いレベルでの建物管理能力はもちろん、スタッフ同士も明るく、力を合わせて事に当たるといった雰囲気があるんです。なので万が一事故やトラブルが起こった時にも、部署の壁を越え皆で一致団結して対処できるという環境が、お客様のお困り事をスムーズに解決するための力になると思っております。

  • Image photo

    ”工事”にまつわる多様な依頼を一貫して担う

    ”工事”にまつわる多様な依頼を一貫して担う

    photo

    まず、工事技術部の業務内容を教えてください。

    Hさん 業務内容は、親会社である「NREG東芝不動産株式会社」および「東芝グループ」各社他に依頼される各種工事業務を、建設業でいう元請け会社として遂行するというところです。計画立案、見積作成、契約締結、工事施工管理、完成検査、引渡し。その一連の工程を行っています。

    Nさん そうですね。補足と言いますか、主なものとしては建物の修繕と設備の更新工事を行っています。建物というのは外壁ですと10年に1回ですとか、電気設備は20年とか30年に1回ですとか、そういう寿命があるものなんですけども。そういう寿命が来る前に修繕するための予算を計画します。コストの部分はご相談しながらとなりますが、そこから工事の内容や仕様を決めて、建物を維持管理…つまり健全な状態、価値のあるものとして保っていこうということなんです。

    一口に工事と言っても、色々な工程を担っていると。見積りや契約まで行うということで、工事技術部の業務範囲はなかなか広域に及ぶのですね。

    Hさん 通常であればまず営業に連絡がきて、計画、見積もり、契約し、そのあと現場での作業からは工事の方で担当する、という形なんですけれども。我々の部署は営業も兼ねていますので、直接仕事の依頼を頂いているという部分もありますね。もちろん営業部や各営業所から依頼や相談が来ることもありますが、その際も、部署間で引き継ぎながら工事の立案から見積作成という形で進めていったりします。私の場合は、担当しているお客様から直接というのが多いかもしれないですね。

    Nさん 工事というのは色々なところから引き合いがあるんですけど、Hさんの場合は、会社の工事を仕切っている総務の方から直接連絡があるケースが多いですね。僕の場合は不動産会社内の設備・工事担当の方からだったり、弊社内の設備管理部の方からテナント様のレイアウト変更連絡が入ったりと。色んなルートから依頼を頂くわけです。

    様々な方面から入った依頼に対し、部署内ではどのように担当現場の割り振りしているのですか。

    Nさん 直接受けたものはそのまま担当するという部分はもちろんありますが、どの人がどの種類の工事、というポジションのようなものを特に固定はしていないんです。工事技術部という組織ではあるんですけど、フレキシブルな、個人商店でもあるという感じでしょうか。

    工程や人の管理を工夫し、すべての案件をスムーズに

    工程や人の管理を工夫し、すべての案件をスムーズに

    photo

    部署内が「個人商店」というのはどういう意味ですか。

    Nさん 我々の部署で受けた工事依頼は、建築業界でいうと元請けに当たるんです。建築業界では、元請けからツリー状に仕事が派生し、下請けさん何社もを使って業務を行うのですが。我々も一応元請けで「統括管理」というところでいるので、工程や人の管理・調整をしているんです。建物だったら建物を管理している部隊との調整、お客様との調整、それから各業者との調整。そういう意味で、一人親方というか、皆”段取り人”みたいな感じなんですよね。

    本当にトータルで、受注から現場での管理までの「監督」的な役割をしているのですね。

    Nさん そうですね。皆現場では統括という立場になるので、工事のまとめ役として、手配や割り振りをしながら、工事がうまく回るように指示を出さないといけません。でも、そういうところに面白さがありますね。社内だけではなくて、お客様、ビル管理会社、オーナー様、皆さんと密に連絡を取りながら進めていくので。

    Hさん やはり効率よくやらないと、費用もどんどんかかっていきますので。その辺の段取りをするというのが、我々の仕事の面白みとか醍醐味ですね。また、コスト削減や省エネのご提案もしています。初期投資時にお金を掛けて頂くけれど、導入することで省エネになるため、段々とコスト面が楽になっていくという仕組みなんです。そういうご提案もさせて頂いています。

    効率よく何にでも対応できるグループの強み

    効率よく何にでも対応できるグループの強み

    photo

    「NREG東芝不動産ファシリティーズ株式会社」だからできることは何だと考えますか。

    Nさん ビル管理会社として工事部隊を持っている、という所だと思います。普通ビル管理会社は管理だけを行い、何か工事したい事案が起こった時に、別の会社を手配する必要があるため、即対応が出来ないんです。見積もりまで一週間ください…という回答になりがちなんですけど。弊社の場合はもう専門のメンバーがいるので、その場で計画の金額から指摘することもできます。お待たせすることなくご相談に乗ることができるので、ストレスが少ないです。ワンストップができる強みですね。あとはビルの管理会社でもあるので、その建物のルールや法律をきちんと把握しているという点で、しっかりと安全性にも配慮した施工ができます。…他に何かあるかな?

    Hさん 建築の他に空調、土木、電気などの分野が多岐にわたり、それぞれ資格も必要となるので、全部を押さえることは難しいんですよね。工事案件が発生した時、依頼内容それぞれに特化した専門知識や経験が幅広く必要となってくるんです。でも元請け「現場監督」であるというところで、社内外問わず詳しい人に協力してもらえば良いんですよね。そうすることで幅広い依頼に対応できるというのも、弊社の強味かなと思います。できないことは…ないと思いますね。おそらく何もないと思います。

    本当にトータルで、受注から現場での管理までの「監督」的な役割をしているのですね。

    Nさん ああ、そうですね。東芝グループには電気関係に特化した業者もいるので。

    Hさん 電気も空調もそうですし。空調機器や電気製品を作っているメーカーもグループ内で調達可能なので、製品を安く仕入れられる場合もあり、さらにコストを抑えることも出来るので、横のつながりのメリットがありますね。
    野村不動産グループ、東芝グループの一員としての意識をもって、社会的な地位とブランドを守っていけるよう、責任をもって仕事をしていかなくてはならないと日々思っています。

ページトップ